通知表所見の自動化に成功しました!

認定子ども園とは?認定基準やメリット・デメリットを解説!

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
先輩に聞けないこと+α
この記事を書いた人
あひる

元中学校教員のデジタルマーケター・webライター!
教員の仕事は多様化して、多忙になっている現状があります。
本来やるべきことに時間を使えない、今の現状を打破するためにお手伝いできればと思っています。
教員として大事なのは「授業」と「生徒理解」だ!

あひるをフォローする
年間10万円以上、損している可能性があります

認定こども園という施設があるのをご存知でしょうか。

ひよっこ
ひよっこ

ちょっと勉強不足でして、聞いたことがないですね!

あひる
あひる

まあ、直接は関係ないかもしれないけど知っていて損はないよ!

教員に直接関係ないことではあるかもしれませんが、自分が親になったときに役に立つ知識ではあるでしょう。

情報をもっていないというだけで、不利になってしまう世の中なので理解しておきましょう!

ということで、今回は認定こども園についての認定基準やメリット・デメリットをご紹介していきます。

この記事はこんな方におすすめ

・ひよっこのみなさま

・子どもが生まれそう

認定こども園とは?

多様な働き方を後押しするため、2006年に内閣府が就学前の子どもが通う施設として、認定こども園が導入されました。

認定こども園は教育と保育どちらも行う施設で、幼稚園と保育園の2つの機能を持ち合わせています。

また、地域における子育て支援を行なう施設でもあり、子育てにおける不安の相談やイベント開催なども行なっています。

対象は0歳から就学前の子どもで、保護者が働いている・いないにかかわらず利用でき、保育時間が長いのが特徴です。

認定こども園のタイプ

認定こども園には地域の実情や保護者のニーズによって様々なタイプがあります。

幼保連携型

「幼保連携型」は幼稚園と保育所の両方の機能をあわせもつタイプです。

教育機関かつ児童福祉施設として認可されています。

幼稚園型

「幼稚園型」は認可幼稚園が保育の時間を確保し、保育所的な機能を備えたタイプです。

幼稚園教育要領に基づいた教育をおこないます。

保育所型

「保育所型」は保育が必要な子どもに加え、保育が必要ない子どもも受け入れ、幼稚園的な
機能を備えたタイプ
です。

保育所保育指針に基づいた保育をおこないます。

地方裁量型

「地方裁量型」は幼稚園や保育所のいずれの認可もない、地域の教育・保育施設が、認定こども園の機能を追加したタイプです。

認定こども園の認定基準

認定こども園としての認定は都道府県で行なわれ、条例により認定条件が定められ、主な基準に「職員資格・学級編成等」と「教育・保育の内容」があります。

職員資格・学級編成等

職員資格は「幼保連携型」と「それ以外の認定こども園」で異なります。

「幼保連携型」は保育士資格と幼稚園教諭の資格をあわせもつ保育教諭を配置します。

「それ以外の認定こども園」は、満3歳以上の保育には保育士資格と幼稚園教諭の両免許・資格の保有が望ましく、満3歳未満の保育には保育士資格が必要です

学級編成については、満3歳児以上で利用時間が4時間程度の時に求められます。

教育・保育の内容は、幼保連携型認定こども園教育・保育要領をふまえて実施します。

以上のような国がさだめる基準とはほかに、地域によって独自の基準があります。

必要に応じて、各都道府県のHPなどを確認してください。

認定基準

認定こども園の利用希望者は各市町村で「保育の必要性の認定(以下、保育認定)」を受ける必要があります。

保育認定は、1号・2号・3号とあり、保護者の就労形態、妊娠、出産、疾病、介護状況など保育の必要な時間などから、利用できる期間や利用時間を決定します。

認定を受けることで、1号は幼稚園、2号は保育所、3号は保育所と地域型保育の利用ができ、認定こども園は、1号・2号・3号のいずれも利用できます。

認定こども園のメリット・デメリット

認定こども園のメリット

保育所と違い、「保育を必要とする事由」の1号・2号・3号の全ての子どもが対象なので、

親の退職時など保護者の就労にあわせて転園の必要がありません。

親も子どもも、安心して通うことができます。

また、認定こども園は幼児教育に積極的なところが多く、英語や運動を取り入れる園も多いです。

通いなれた園で継続した教育を受けることができます。

園にもよりますが、縦割り保育を行なうところが多く、異なる年齢の子どもと関わる機会を持つことができます。

それにより、様々な経験をすることで、子どもの発育成長に良い刺激を与えると考えられています。

認定こども園のデメリット

まだまだ新しい制度のため、施設数が多くありません。

近隣にない場合も多いのではないでしょうか。

そのため、申し込みが多い場合には優先順位があり、保育の必要性が高いと判断された世帯の入園が優先されます。

また、イベントや長期休暇は施設によって異なります。

たとえば、「幼稚園型」は、夏休みなど長期休暇が設定され、子どもを預けることができない場合があります。

イベントが平日に開催されるところもあり、園によって設定日が異なりますので確認が必要です。

保育料以外の料金もかかり、通園送迎費・食材費・行事費・延長保育料など、実際に支払う金額は園や自治体によってかわります。

認定子ども園のまとめ

以上で、認定こども園についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ひよっこ
ひよっこ

子育てしながら仕事もできそうですね!

あひる
あひる

転園を考えずに安心して通えるのはいいよね!

多様な働き方を応援する施設は、家族にとっても、こどもにとっても、今後が期待できる場所といえそうです。

幼稚園と保育所の良いところをあわせもつ認定こども園なので、これからますます増えることが期待されますね。

あひる
あひる

にほんブログ村のランキングに参加しています!

こちらからひよっこ教員向上委員会の順位が確認できますのでご興味があればぜひクリックしてみてください!

にほんブログ村 教育ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました